Logo

  • 5
    Broadcasts
  • 3
    Followers
Live té Radio Artist-inspired radio
    1. Song
      01
      人間は自分自身が見えない故に、他人に理想の『姿』を認め易い。
    2. Song
      02
      死闘、勇鋭、死憤、励鈍、倖用、待命、陥陳、勇力、必死、冒刃。
    3. Song
      03
      Kotoba o Mochiite Kanaderu Mono wa Sainou ni Ara zu, Tada no Kioku ni 'Su'gi nu.
    4. Song
      04
      Ai mo Shinkou mo Onajiyouni Hibi no Sasayaka na Gongyou de Nomi 'Iji'sareru.
    5. Song
      05
      Ningen wa Jibunjishin ga Mienai Yue ni, Tanin ni Risou no 'Sugata' o Mitome Yasui.
    6. Song
      06
      Shitou, Yuuei, Shibun, Reidon, Kouyou, Taimei, Kanchin, Yuuryoku, Hisshi, Bouba.
    1. Song
      01
      言葉を用いて奏でる者は才能に在らず、ただの記憶に『過』ぎぬ。
    2. Song
      02
      愛も信仰も同じ様に日々のささやかな勤行でのみ『維持』される。
    3. Song
      03
      如何に強大な精神や力といえども知性なくしては『無』に等しい。
    4. Song
      04
      美しき旋律も、音を語る言を持たずしては心にも『留』めがたし。
    5. Song
      05
      明日を最も必要としないものが、最も快く明日に立ち『向』かう。
    6. Song
      06
      大胆は無知と卑劣の子であって、他の資格よりはるかに『劣』る。
    7. Song
      07
      節度と正義は、ただ優者のみが勝手に利用しうる『名目』である。
    8. Song
      08
      心は正しい目標を欠いてしまうと偽りの方向にはけ口を『作』る。
    9. Song
      09
      何らの苦しみにもあわずして、何人をも幸福とは『呼』ぶなかれ。
    10. Song
      10
      人間とは理性によって自己自身を破壊する能力を『有』している。
    1. Song
      01
      人間は自由なものとして生まれ、至る所で『鎖』に繋がれてゆく。
    2. Song
      02
      他に寄せる信頼の大部分は、己の内に抱く自信から『生』まれる。
    3. Song
      03
      夢とは現実という平凡なものに付ける美しさに似た『嘘』の俗称。
    4. Song
      04
      いつも好転する未来を望み、しかし時節の変化は『恐』れている。
    5. Song
      05
      弱いというものは哀れな事だ、敢えて行うにしろ『忍』ぶにしろ。
    6. Song
      06
      具眼の士に検閲されることは、最も正しい『価値』の決定である。
    7. Song
      07
      詩はただ、病める魂の所有者と孤独者との寂しい『慰』めである。
    8. Song
      08
      人は他人の不幸には充分耐えられるだけの強さを『持』っている。
    9. Song
      09
      理は公平な判断を望み、怒りは判断が公平に見える事を『望』む。
    10. Song
      10
      意味の在る巡り会いを求めず、出会いに『意味』を見つけて行く。
    11. Song
      11
      歌を謡って眠らせてやりたい。誰かの傍に坐り『謡』っていたい。
    12. Song
      12
      「無論做什麼都好」,用輕聲細語説出名為『自由』という『脅迫』
    1. Song
      01
      己が分を知りて及ばざる時は速やかに止むるを『智』と言うべし。
    2. Song
      02
      思想とは我々の選ぶものを見せず、我々の好むものを『見』せる。
    3. Song
      03
      不安なのは事柄にでは無く、それに関する人の『考』えにである。
    4. Song
      04
      欲は全ての言葉を話し、全ての役を演じ、無欲者すら『演』ずる。
    5. Song
      05
      退屈な原作の滑稽さを直視させる模倣だけが真の『模倣』である。
    6. Song
      06
      暗黒中での想像力は明るい光よりも逞しく働くのを『常』とする。
    7. Song
      07
      沈黙中の表情にこそ、言葉選びに勝る本当の雄弁が『存在』する。
    8. Song
      08
      怒りは愚かな者を殺し、妬みは馬鹿者の生命を『瞬間』ごと苛む。
    9. Song
      09
      我々は希望に従って約束をし、恐怖にかられて約束を『果』たす。
    10. Song
      10
      人が空想で描く世界よりも、人が生きる現実は『遥』かに物深い。
    11. Song
      11
      It must be called "intelligence" if people stop when they realize they are not able to become what they are wishing to be
    12. Song
      12
      A thought would never let people "watch" what they choose. Instead, it let them see what they hope to see
    13. Song
      13
      Anxiety is not about the issue. It is actually about people's "mind" related to the issue that they are afraid of
    14. Song
      14
      Avarice would speak with every word, it "acts" every part and it even pretends to be not avaricious
    15. Song
      15
      A real "imitation" is the imitation that let people see ridiculousness of boring original one
    16. Song
      16
      It is supposed to be "ordinary" that imagination moves much faster and more freely than bright light in the darkness
    17. Song
      17
      "Existence" of eloquence is only in a look of people's face that remain silence, and it even beats any kind of words
    18. Song
      18
      Anger kills all the idiots, and envy would torture foolish people and all the "instants" being involved
    19. Song
      19
      We promise with a view to hope, but the reason to "accomplish" what we promised would be fear
    20. Song
      20
      A reality that people are living in this world is a lot "more" complicated than fantasy-land that they imagine
    1. Song
      01
      決断は無限の扉を開くのでは無く無限の誤謬に『終止符』を打つ。
    2. Song
      02
      天涯万里、必然を起こすは人に在り、偶然を成すは『天』に在り。
    3. Song
      03
      秤を伴わない剣は暴走を、剣を伴わない秤は『無力』を意味する。
    4. Song
      04
      夜光の珠も闇に置けば光彩を放つが白日に曝せば『魅力』を失う。
    5. Song
      05
      勝望美景を愛し、酒食音律の享楽を添え、画に写し『世』に喩え。
    6. Song
      06
      性は危険と遊戯を、つまり異性を最も危険な『玩具』として欲す。
    7. Song
      07
      人々が個を偉人と称する時が来れば彼は既に『傀儡』へと変わる。
    8. Song
      08
      闇に残る遅咲きは、艶やかな初花より愛らしく『夢』と共になり。
    9. Song
      09
      逆さまにゆかぬ年月、幸福に最も近い消耗がまた『明日』も来る。
    10. Song
      10
      自由と孤立と己とに充ちた現代に生きた犠牲として訪れる『未来』
    11. Song
      11
      瞼の裏に夜明けの眠りが、閉じた瞳と思い出に『目覚め』を求む。
    12. Song
      12
      『参弐零参壱壱壱弐伍壱九参壱伍九伍弐壱七伍伍伍四壱四壱六四』
    1. Song
      01
      生命の快楽とは死の『接種』であり、終焉へ歩む生の動力である。
    2. Song
      02
      楽観の深奥で燻る魔は、万人が宿す普遍的無意識の『罪』の残滓。
    3. Song
      03
      道徳とは権力の装置であり民衆の自由の最大の『枷』と自覚せよ。
    4. Song
      04
      『弦』の揺らぎは多様の文様を紡ぎ、泡沫夢幻の重奏をかなでる。
    5. Song
      05
      探求者は相対する事象の『中間層』を彷徨う半音階的世界の住人。
    6. Song
      06
      茫漠の中の『粒子』の蜜月は、私という存在が煌めく刹那の現身。
    7. Song
      07
      連続と不連続の境界での戯れが、命脈を繋ぐ『供犠』という慰み。
    8. Song
      08
      音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。
    9. Song
      09
      夢境は重力の『検閲』を畏れず、閉じた裡を突破する自由の幽体。
    10. Song
      10
      私は川の窪み。流れは過ぎゆけど保たれる波紋。『動的』な秩序。
    11. Song
      11
      貨幣を峻拒する狷介な咆哮だけが禁忌を侵犯する。黙考する『叫』
    1. Song
      01
      『緒』 。
    2. Song
      02
      夜は光を掩蔽し、幾多の秘密を酌み、さかしまな『夢想』を育む。
    3. Song
      03
      離散的な欠片の集合が混沌から『秩序』に変わる時、美は発現す。
    4. Song
      04
      『鍵』 。
    5. Song
      05
      自由と孤独は秤の上の矛盾であり、その均衡にこそ『檻』がある。
    6. Song
      06
      終焉から振り返る我夢は、陰影の濃淡に浮かぶ『光』の残り香。
    7. Song
      07
      意味を喪失した時、虚無は私を冒し、享楽だけが『慰』みとなる。
    8. Song
      08
      『有』 。
    9. Song
      09
      道徳はうつろう教義であり、その『閾』は昼と夜でさえ変容する。
    10. Song
      10
      『盈』 。
    11. Song
      11
      思想も共感もいらず、ただ幻聴を誘発する『起因』としての音楽。
    12. Song
      12
      私は舞う枯葉。風任せな躍動を自律と『錯誤』する縹渺たる虚体。
  •  
    1. Song
      01
      『眩暈』。
    2. Song
      02
      雨滴は重力を信仰し、その軌跡は官能を伴い世界を『紗』で覆う。
    3. Song
      03
      過剰な豊潤が退廃である様に、禁欲も過ぎれば陶酔に『溺』れる。
    4. Song
      04
      具体を脱ぎ捨て潜勢を放てば、有為転変は『虚体』の夢に収斂す。
    5. Song
      05
      彫琢した理念は音に宿り、感受する聴衆を『桎梏』から開放する。
    1. Song
      01
      『.反復』は時間観を撹拌し、思惟の歩をゆるめ涅槃の郷愁を誘う。
    2. Song
      02
      俯瞰も仰視も果ては茫洋な空に対峙す、その偉観こそ真の『現実』
    1. Song
      01
      声をもって、心の底を叩いてみると、どこか『哀』しい音がする。
    2. Song
      02
      嫌いなものは殺してしまえばいい、それが『人間』のすることか?憎ければ殺せばいい、それが『人間』というものではないのかね?
Loading
Cancel
Done 100

Are you sure that you want to delete this?

Cancel Delete