Audio Drama, Right Hand-logo

Audio Drama, Right Hand

Drama >

消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。
More Information

Location:

Tokyo, Japan

Description:

消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

Language:

Japanese


Episodes

最終回

10/20/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第19回

10/18/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第18回

10/12/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第17回

10/4/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第16回

9/23/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第15回

9/15/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第14回

9/8/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

【期間限定】トークセッション

9/1/2013
More
三田健吾役の声優「成澤卓」イラスト担当の「akamori」脚本の「岩本憲嗣」原案・音響効果の「健介」によるトークセッションです。

第12回

8/6/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第11回

8/1/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第10回

7/13/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第9回

7/5/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第8回

6/22/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第7回

6/1/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

第6回

5/25/2013
More
消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

Try Premium for 30 days

Live games for all NFL, MLB, NBA, & NHL teams
Commercial-Free Music
No Display Ads