兵庫県からのお知らせ-logo

兵庫県からのお知らせ

Local News >

兵庫県の暮らしに役立つ情報や県政トピックスをご紹介します。

兵庫県の暮らしに役立つ情報や県政トピックスをご紹介します。
More Information

Location:

Japan

Description:

兵庫県の暮らしに役立つ情報や県政トピックスをご紹介します。

Language:

Japanese


Episodes

8/3【兵庫県住宅再建共済制度】

8/3/2012
More
「兵庫県住宅再建共済制度」愛称「フェニックス共済」は、年額5,000円の負担金で自然災害からの住宅再建に、最高600万円の給付が受けられる制度です。住宅だけでなく家財の再建を対象とした制度もあり、年額1,500円の負担金で最高50万円の給付を受けることができます。今年4月の豪雨や6月の台風4号でも住宅に床上浸水以上の被害を受けた加入者に、給付金が支給されました。また、分譲マンションの共用部分について管理組合が1棟まとめて加入し、給付を受けられる制度もあります。現在「共に助けあう」という意味の「共助に感謝キャンペーン」を実施中で、加入者は各種施設の利用料や、住宅の再建・リフォーム費用の割引を受けることができます。詳しいお問い合わせは兵庫県住宅再建共済基金電話番号 078−362−9400までどうぞ。

8/3【「兵庫県広報テレビ番組 ひょうごワイワイ」のお知らせ】

8/3/2012
More
日曜日の朝10時から放送のテレビ番組、「ひょうごワイワイ」は、兵庫県の取り組みや地域の話題などをぎゅっと凝縮した30分。お届けするのは、兵庫県広報専門員の米田裕美と吉田泰子、イニシャルがワイワイ(YY)のワイワイコンビです。このたび、このワイワイコンビが、ファミリーマートとコラボして、兵庫県産のおいしい食材を使ったコンビニ弁当づくりに挑戦することに。番組では、食材探しやメニューの考案など、慣れない弁当づくりに奮闘するYYコンビの様子を「チャレンジ!コンビニ弁当」と題し、シリーズでお届けしています。弁当の発売は、今月下旬。果たしてどんな弁当が出来上がるのでしょうか!?「ひょうごワイワイ」は、あさって5日(日)朝10時から、再放送は6日(月)夕方6時から、サンテレビで放送です!お見逃しなく!

8/1 【県立美術館「パール 海の宝石展」】

8/1/2012
More
HAT神戸にある県立美術館では、日本とカタール国との国交樹立40周年を記念して、「パール 海の宝石展」が開催されています。 アラビア湾に面したカタール国は、古代から20世紀初頭まで、真珠採取が大変盛んで、東西を問わず、国の君主や支配者が手にした真珠はすべてアラビア湾産でした。 今回の展覧会では、カタール美術館庁の所蔵品を中心に、日本初公開の作品も含めた 200点を公開。ジャクリーン・ケネディやマリリン・モンロー、エリザベス・テイラーといった、華やかな著名人がまとった真珠の宝飾品も展示されます。また、天然真珠のなりたちから、真珠採取の歴史など、真珠の魅力を、科学・歴史・文化の側面から写真や映像を交えて紹介します。 なお、県立美術館はクールスポットとして指定されており、県の節電取組期間である、9月22日までにチケットを購入し、入場いただいた方には、10月27日(土)より開催される特別展の招待券を進呈します。ぜひお出かけください。詳しいお問い合わせは県立美術館内 カタールパール展実行委員会 電話番号 09092556855までどうぞ。

8/1 【「第50回県展」の展覧会開催】

8/1/2012
More
今週、4日土曜日から、25日までの3週間、「第50回県展」の入選作品約200点が「原田の森ギャラリー」で展示されます。 今回は、「絵画」「彫刻・立体」「工芸」「書」「写真」「デザイン」の6部門に、50周年を記念して「50」という数字をモチーフに作品を募った、「テーマ50」部門を加えた7部門の入選作品を一堂に公開します。 また、初日の4日土曜日には、開会式に先立ち9時20分からマリンバ演奏による「さわやかステージ」も開催され、無料で鑑賞いただけます。 会場となる「原田の森ギャラリー」は、JR灘駅北口から北へ徒歩およそ10分。県展の観覧料は、大人300円、中学生以下は無料です。ぜひ、お出かけください。 詳しいお問い合わせは 兵庫県立美術館 県展係 電話番号 078−262−0908までどうぞ。

7/30 【ニューひょうご ごこく夏号の発売】

7/30/2012
More
兵庫県グラフ広報誌「ニューひょうご ごこく」の夏号が、ただ今、好評発売中です。「ごこく」とは、兵庫県がかつて摂津・播磨・但馬・丹波・淡路の5つの国であったことにちなんで名付けたもので、最新の夏号では、さわやかな夏をイメージした「ブルー」をテーマに、各地の表情や旬の話題を紹介しています。「ごこく」は、A4サイズ、44ページ、フルカラーで、年4回発行。1部300円で、県内の主な書店で販売されているほか、定期購読の申し込みも随時受付中です。定期購読は年間1,200円で、送料はサービス。毎号ご自宅までお届けします。「兵庫県ホームページ」からネット注文していただくことも可能です。 詳しいお問い合わせは、 兵庫県広報課 電話番号 078−362−3017までどうぞ。

7/30 【節電のお願い】

7/30/2012
More
この夏、関西では電力不足が心配されています。大飯原子力発電所の稼働により、関西電力管内の節電目標が10%以上に引き下げられましたが、引き続き各家庭や職場での節電の取り組みをお願いします。 例えば、エアコンは、室温が28度程度になるよう設定温度を上げる。または扇風機を活用する。できるだけ照明を減らす、といった節電対策が効果的です。 なお、熱中症などにならないよう、体調に気をつけながら、無理のない範囲で節電に取り組んでください。兵庫県では、冷房のきいた公共施設に出かけることで節電につなげていただくため、県立の美術館や博物館などをクールスポットとして指定し、入館料を半額にするなどの特典を用意しています。 詳しくは、兵庫県ホームページをご覧ください。 電話でのお問い合わせは、 兵庫県 環境政策課 078−362−3272までどうぞ。

7/27【兵庫県住宅再建共済制度】

7/27/2012
More
「兵庫県住宅再建共済制度」愛称「フェニックス共済」は、年額5,000円の負担金で自然災害からの住宅再建に、最高600万円の給付が受けられる制度です。住宅だけでなく家財の再建を対象とした制度もあり、年額1,500円の負担金で最高50万円の給付を受けることができます。今年4月の豪雨や先月の台風4号でも、住宅に床上浸水以上の被害を受けた加入者に、給付金が支給されました。また、分譲マンションの共用部分について管理組合が1棟まとめて加入し、給付を受けられる制度もあります。現在「共に助けあう」という意味の「共助に感謝キャンペーン」を実施中で、加入者は各種施設の利用料や、住宅の再建・リフォーム費用の割引を受けることができます。詳しいお問い合わせは兵庫県住宅再建共済基金電話番号 078−362−9400までどうぞ。

7/27【兵庫県広報テレビ番組 ひょうごワイワイ】

7/27/2012
More
日曜日の朝10時から放送のテレビ番組、「ひょうごワイワイ」をご存じですか?兵庫県の取り組みや地域の話題などをぎゅっと凝縮した30分。お届けするのは、兵庫県広報専門員の米田裕美と吉田泰子、イニシャルがワイワイ(YY)のワイワイコンビです。このたび、このワイワイコンビが、ファミリーマートとコラボして、兵庫県産のおいしい食材を使ったコンビニ弁当づくりに挑戦することに。番組では、食材探しやメニューの考案など、慣れない弁当づくりに奮闘するYYコンビの様子を「チャレンジ!コンビニ弁当」と題し、シリーズでお届けしています。弁当の発売は、来月下旬。果たしてどんな弁当が出来上がるのでしょうか!?「ひょうごワイワイ」は、あさって29日(日)朝10時から、再放送は30日(月)朝8時から、サンテレビで放送です!お見逃しなく!

7/25 【夏休み企画 昆虫少年のじゆうけんきゅう】

7/25/2012
More
三田市にある「県立人と自然の博物館」、通称「ひとはく」では、夏休み企画として、「昆虫少年のじゆうけんきゅう」を開催しています。「ひとはく」の貴重なコレクションから、兵庫県に生息する全種類のセミの標本を一堂に公開するほか、昆虫好きの子どもたちが制作した夏休みの自由研究作品を展示します。 また、「ネイチャーテクノロジー展」では、美しく発色する蝶の羽の構造からアイデアを得て開発された繊維など、自然界の生物が持つ機能やデザインを模倣し取り入れる技術を紹介。さらに、8月12日から19日までの毎日、蚊帳(かや)の中でカブトムシやセミ、チョウなど生きた昆虫に触れ、遊ぶことのできる「むしむしたいけん」が開催されるなど、夏休み期間中、子ども達が大好きな昆虫に関連する体験型イベントも多彩です。 なお、兵庫県のクールスポットである「ひとはく」は、9月22日(土曜日)まで入館料を半額としており、大人100円、小中学生は無料です。ぜひ、お出かけください 詳しいお問い合わせは、 ひとはく・県立人と自然の博物館 電話 079−559−2001までどうぞ。

Duration:00:01:48

7/25 【第15回お弁当・おむすびコンテスト】

7/25/2012
More
兵庫県では、こどもから大人まで、ごはん食や県産の食材に親しんでもらうため、「お弁当」と、「おむすび」の写真作品を募集しています。 テーマは、ごはんを中心に県産の食材をふんだんに使った「兵庫のうまいもん!ごはんがおいしいお弁当」と、家族や大切な人に食べてほしい「愛情たっぷりおむすび」です。 応募いただける方は、お弁当コンテストについては、県内に在住もしくは通勤、通学している中学生以上の方。おむすびコンテストについては、県内に在住もしくは、通学している小中学生です。応募の締め切りは9月28日 金曜日。 審査の結果、入賞された方には、表彰状と副賞が贈られます。また、ご応募いただいた方全員にオリジナルクリアファイルをプレゼントします。コンテストの詳しい内容や応募方法は、県ホームページでご確認ください。 お電話でのお問い合わせは、 兵庫県米穀事業協同組合 お弁当・おむすびコンテスト係 電話番号 078−361−3318までどうぞ。

Duration:00:01:37

7/23 【携帯電話・インターネットへのフィルタリング利用】

7/23/2012
More
フィルタリングとは、インターネット上で、子どもに見せたくない有害情報へのアクセスを制限できる有効な機能です。 インターネットは、役に立つ情報がある反面、子どもの目に触れさせたくないアダルトサイトや出会い系サイトなども簡単に見ることができるため、子どもたちがトラブルに巻き込まれ、犯罪の被害者になってしまうケースが多発しています。 そして、被害者になる子どもたちのほとんどがフィルタリング未加入であることがわかっています。 自由研究の題材探しや、学校の宿題などにインターネットを活用する機会が一段と増える夏休み。子どもが使う携帯電話やインターネットにフィルタリングを利用して、有害情報から子どもを守りましょう。 フィルタリングは、携帯電話各社、インターネットプロバイダなどで申込みができます。 詳しいお問い合わせは、 兵庫県青少年課 電話 078−362−3142までどうぞ。

Duration:00:01:37

7/23 【節電のお願い】

7/23/2012
More
この夏、関西では電力不足が心配されています。大飯原子力発電所の稼働により、関西電力管内の節電目標が10%に引き下げられましたが、引き続き各家庭や職場での節電の取り組みをお願いします。 例えば、エアコンは、室温が28度程度になるよう設定温度を上げる。または扇風機を活用する。できるだけ照明を減らす、といった節電対策が効果的です。 なお、熱中症などにならないよう、体調に気をつけながら、無理のない範囲で節電に取り組んでください。兵庫県では、冷房のきいた公共施設に出かけることで節電につなげていただくため、県立の美術館や博物館などをクールスポットとして指定し、入館料を半額にするなどの特典を用意しています。 詳しくは、兵庫県ホームページをご覧ください。 電話でのお問い合わせは、 兵庫県 環境政策課 078−362−3272までどうぞ。

Duration:00:01:34

7/20【兵庫県住宅再建共済制度】

7/20/2012
More
「兵庫県住宅再建共済制度」愛称「フェニックス共済」は、年額5,000円の負担金で自然災害からの住宅再建に、最高600万円の給付が受けられる制度です。住宅だけでなく家財の再建を対象とした制度もあり、年額1,500円の負担金で最高50万円の給付を受けることができます。今年4月の豪雨や先月の台風4号でも、住宅に床上浸水以上の被害を受けた加入者に、給付金が支給されました。また、分譲マンションの共用部分について管理組合が1棟まとめて加入し、給付を受けられる制度もあります。現在「共に助けあう」という意味の「共助に感謝キャンペーン」を実施中で、加入者は各種施設の利用料や、住宅の再建・リフォーム費用の割引を受けることができます。詳しいお問い合わせは兵庫県住宅再建共済基金電話番号 078−362−9400までどうぞ。

Duration:00:01:28

7/20【兵庫県広報テレビ番組 ひょうごワイワイ】

7/20/2012
More
日曜日の朝10時から放送のテレビ番組、「ひょうごワイワイ」をご存じですか?兵庫県の取り組みや地域の話題などを30分にぎゅっと凝縮して、広報専門員である米田裕美と吉田泰子のイニシャルがワイワイ(YY)のコンビがテンポよくお伝えする番組です。このたび、そのYYコンビが、コンビニ弁当づくりに挑戦することになりました。前回の放送で、株式会社ファミリーマートから、兵庫県のおいしい食材を使って、オリジナルのコンビニ弁当を作るよう、オファーを受けたYYコンビ。番組では、食材探しやメニューの考案など慣れない弁当づくりに奮闘するYYコンビの様子を「チャレンジ!コンビニ弁当」と題し、弁当が発売される来月下旬までシリーズでお届けします。「ひょうごワイワイ」は、あさって22日(日)朝10時から、再放送は23日(月)夕方6時から、サンテレビで放送です!お見逃しなく!

Duration:00:01:26

7/18 【夏の交通事故防止運動】

7/18/2012
More
兵庫県では、現在、「交通安全は家庭から」をテーマに「夏の交通事故防止運動」を実施しています。 昨年、自動車乗車中に交通事故で亡くなられた52人のうち、半数の26人の方がシートベルトを着用していませんでした。運転者だけでなく、同乗者も必ずシートベルトやチャイルドシートを着用してください。 そして、絶対に飲酒運転はしないで下さい。運転するときはお酒を飲まない、運転する人にはお酒を飲ませないことが大切です。 また、自転車も車です。やむをえず歩道を走る場合は、歩行者優先で車道寄りを徐行するなど、正しいルールを知り、安全に利用してください。 さらに、子どもには、小さいうちから具体的に道路での危険な行動や交通ルール・マナーについて繰り返し教え、「自分の命は自分で守る」ことを身につけさせることが大切です。 大人も交通ルールを守り、子どもたちのお手本になるようにしましょう。

Duration:00:01:29

7/18 【経営円滑化貸付の拡充】

7/18/2012
More
経営円滑化貸付とは、売上の減少などにより運転資金が必要な中小企業に対し、資金供給の円滑化を図るため、融資を行うものです。 このたび、節電の影響によって売上高が減少する中小企業者の資金繰りを支援するため、経営円滑化貸付の融資対象者を拡充しています。 今回の追加対象者は、7月2日から9月7日の間の節電の影響により、申し込み月を含む3ヶ月間の売上高が、前年同期比で10パーセント以上の減少が見込まれる方です。 例えば、工場の稼働率を下げることによる売上の減少といった直接的な影響を受ける経営者の方、また、工場で働く人が減ることで、客数が減少するといった間接的な影響を受けられる飲食店経営者の方なども対象になります。 利率は年1.15パーセントで、1億円を限度に、10年の間、運転資金を貸し付けします。ご希望の方は、9月30日までに、県内の金融機関にお申し込みください。 詳しいお問い合わせは、 兵庫県地域金融室 電話番号 078−362−3321までどうぞ。

Duration:00:01:45

7/16 【「県立考古博物館」の企画展】

7/16/2012
More
加古郡播磨町にある県立考古博物館では、今週20日金曜日から、9月2日(日)まで、夏休みの自由研究にも役立つ子ども向けの企画展として、「はかせからの挑戦状 古代人のデザインをさぐれ」を開催します。これは本物の土器や勾玉などのデザインに注目しながら、博士からの挑戦に挑み、様々なナゾを解くことで、古代の人々の文化や技術について楽しく学んでいただく、体験型プログラムです。会期中は、週末を中心に関連イベントも多数開催します。例えば、8月5日を除く毎週日曜日には、考古学に因んだクイズを解きながら館内をめぐるクイズラリーが楽しめるほか、毎週土曜日には、小・中学生を対象に、埴輪や勾玉づくりなどを体験できるワークショップを開催します。申し込みなどが必要なものもありますので、詳しくは「県立考古博物館」のホームページをご覧ください。また、兵庫県のクールスポットである県立考古博物館は、9月22日(土曜日)まで入館料を半額としており、大人100円、小中学生は無料です。ぜひ、お出かけください。電話でのお問い合わせは、県立考古博物館 電話番号 079−437−5589までどうぞ。

Duration:00:02:14

7/16 【節電のお願い】

7/16/2012
More
この夏、関西では電力不足が心配されています。 先日の大飯原子力発電所3号機のフル稼働により、関西電力管内の節電目標が10%に引き下げられましたが、引き続き各家庭や職場での節電の取り組みをお願いします。 例えば、エアコンは、室温が28度程度になるよう設定温度を上げる。または扇風機を活用する。できるだけ照明を減らす、といった節電対策が効果的です。 なお、熱中症などにならないよう、体調に気をつけながら、無理のない範囲で節電に取り組んでください。兵庫県では、冷房のきいた公共施設に出かけることで節電につなげていただくため、県立の美術館や博物館などをクールスポットとして指定し、入館料を半額にするなどの特典を用意しています。詳しくは、兵庫県ホームページをご覧ください。 電話でのお問い合わせは、 兵庫県 環境政策課 078−362−3272までどうぞ。

Duration:00:01:37

7/13【「子どもたちの水難事故防止」についてのお願い】

7/13/2012
More
水遊びが楽しい季節を迎えました。毎年、この時期、子どもたちがため池や水路、河川での遊びに夢中になり、誤って転落するなどの水難事故があとを絶ちません。このような痛ましい事故を防ぐため、子どもたちだけで、ため池や水路などで水遊びをしないよう、ご家庭での再確認、地域の皆さんの声かけをお願いいたします。また、川遊びを楽しむときは、空模様に注意し、大雨注意報や警報などが発令されたり、河川にある回転灯が回ったら、すぐに川からはなれてください。万が一、水難事故が発生したら、大きな声で付近の人たちに知らせる、消防へ通報する、また、浮き輪などつかまるものがあれば投げ、不用意に泳いで助けることはしないようにしましょう。さらに、日頃からどのような場所が危険か、水難事故から身を守るにはどうすればよいか、家族や学校などで話しあい、確認しておくことが大切です。かけがえのない自分の命、家族の命を水難事故から守りましょう。

Duration:00:01:30

7/13【兵庫県住宅再建共済制度】

7/13/2012
More
「兵庫県住宅再建共済制度」愛称「フェニックス共済」は、年額5,000円の負担金で自然災害からの住宅再建に、最高600万円の給付が受けられる制度です。住宅だけでなく家財の再建を対象とした制度もあり、年額1,500円の負担金で最高50万円の給付を受けることができます。今年4月の豪雨や先月の台風4号でも、住宅に床上浸水以上の被害を受けた加入者に、給付金が支給されました。また、分譲マンションの共用部分について管理組合が1棟まとめて加入し、給付を受けられる制度もあります。現在「共に助けあう」という意味の「共助に感謝キャンペーン」を実施中で、加入者は各種施設の利用料や、住宅の再建・リフォーム費用の割引を受けることができます。詳しいお問い合わせは兵庫県住宅再建共済基金電話番号 078−362−9400までどうぞ。

Duration:00:01:24