Naname-logo

Naname

21 Favorites

More Information

Location:

Japan

Language:

Japanese


Episodes

12月23日 RFPの作成前には「RFI」/「銀の弾」はなぜ存在しない?

12/23/2008
More
調達や業務委託の基礎資料として、外部業者に情報の提供を要請する「RFI」。提案依頼(RFP)の前に行っておく目的とは? そして、ソフトウェア開発の生産性を劇的に向上する手法「銀の弾」はなぜ存在しないのか? の2本を解説します。

Duration: 00:09:01


12月16日 「共通フレーム」は何を可視化する?/サービスレベルの変化に「SLM」

12/16/2008
More
ユーザーやベンダ独自の開発方法・プロセスを「共通フレーム」に対応させると何が見えてくるのか? そして、サービスレベルの継続的な品質向上を図る「SLM」の管理手法とは? の2本を解説します。

12月9日 失敗から反復型開発「IID」への回帰/開示書類を電子化「EDINET」

12/9/2008
More
反復型開発「IID」はソフトウェア開発の最初期からの開発プロセスだが、ある時期から影を潜めた。その理由とは? そして、企業から提出された開示書類をインターネット上に公開する金融庁のシステム「EDINET」。対応する開示書類は? の2本を解説します。

Duration: 00:08:37


12月2日 会計も世界標準へ「国際財務報告基準」/「ITパスポート試験」の狙い

12/2/2008
More
特定国の基準によらない会計の世界標準「国際財務報告基準(IFRS)」。米国基準とも異なるプリンシパルベースとは? そして、情報処理技術者試験の改革のもと開始される「ITパスポート試験」の位置づけとは? の2本を解説します。

11月25日 企業視点でのリスク管理「ERM」/要件定義を超えて「要求開発」

11/25/2008
More
組織全体の視点からリスクコントロール手段の優先順位を決定する「ERM」。日本や欧米で注目されるきっかけになったのは? そして、「要求開発」はシステムのあるべき姿をどのように導出するのか? の2本を解説します。

Duration: 00:09:29


11月18日 「ウォーターフォール・モデル」の流れ/「デスバレー」で失う技術とは?

11/18/2008
More
逆戻りを許さないソフトウェア開発方法論「ウォーターフォール・モデル」。その手順はどう流れていくのか? そして、事業化を阻害する超え難い谷間「デスバレー」の日本型とは? の2本を解説します。

10月21日 秘密プロジェクト「スカンクワークス」/外部調達を「クラウドソーシング」へ

10/21/2008
More
革新的な開発を行うために既存の研究組織とは別に活動する「スカンクワークス」には、どのような成果が期待できるのか? そして、不特定多数の“群集”(クラウド)にアウトソーシングする「クラウドソーシング」とは? の2本を解説します。

Duration: 00:09:08


10月14日 「フィージビリティスタディ」の狙い/「クリティカルパス」とPMスキル

10/14/2008
More
計画された事業やプロジェクトが実現可能か、そこに意義や妥当性があるかを調査・検討する「フィージビリティスタディ」では、何をもって成功とするのか? そして、プロジェクトの一連の作業の集まりである「クリティカルパス」をPMはどのように管理すべきか? の2本を解説します。

Duration: 00:09:57


10月7日 あいまいさを「SLA」で排除/「ローカライズ」とI18Nの関係

10/7/2008
More
提供するサービス内容や品質の要求水準を明確にして、達成できなかった場合のルールを合意しておく「SLA」はなぜ必要なのか? そして、プログラムを異なる言語圏でも利用できるように改良する「ローカライズ」とはどんな作業? の2本を解説します。

9月23日 「BC(事業継続)」を経営課題に/「ユーザー・エクスペリエンス」とは楽しさ?

9/22/2008
More
事業を中断しない「ビジネスコンティニュイティ(事業継続)」は、経営課題の1つとされているが、どのようなリスクが想定されるのか? そして、使いやすさとは別の提供価値を考える「ユーザー・エクスペリエンス」は、“楽しく”、“面白く”、“心地よく”あるべき? の2本を解説します。

9月16日 「インタラクションデザイン」には人間理解/「テキストマイニング」でニーズを抽出

9/16/2008
More
対話型システムでユーザーがスムーズに操作・利用できるよう設計する「インタラクションデザイン」で要求されるものとは? そして、自然文のテキストデータから顧客や市場のニーズを抽出する「テキストマイニング」は、どのような使い方が可能なのか? の2本を解説します。

Duration: 00:08:06


9月9日 「EVMS」で進ちょくとコストの見える化を/「カスタマ・ロイヤリティ」と顧客の心

9/9/2008
More
スケジュールとコストの両面で、プロジェクトのパフォーマンスを動的に測定し、精度の高い完了時期やコスト予測を可能にする「EVMS」はどのように活用されているのか? そして、「カスタマ・ロイヤリティ」が企業にもたらすメリットとは? の2本を解説します。

9月2日 組み込みから「ソフトウェア危機」/ノウハウ維持は「PMO」で

9/2/2008
More
ソフトウェア開発の需要増大に対して、技術者不足を示していた「ソフトウェア危機」。近年、組み込みソフトウェアの品質問題とともに語られる理由とは、そして、プロジェクト完了と同時に解散する“プロジェクトチーム”にはない「PMO」の強みとは? の2本を解説します。

8月26日 「ソーシャルタギング」で情報を多彩に/メルマガを「オプトイン」

8/26/2008
More
不特定多数の人がさまざまな観点からタグを付ける「ソーシャルタギング」は、情報をどのように変化させていくのか? そして、あらかじめ受信を承諾した相手にのみメールを送信する「オプトイン」の仕組みはなぜ必要なのか、の2本を解説します。

Duration: 00:08:40


8月19日 「ファンクションポイント法」で開発工数の見積もりを/「行動ターゲティング」の時代

8/19/2008
More
ソフトウェアの処理内容の複雑さなどを点数化する「ファンクションポイント法(FP法)」は、どのようにしてソフトウェア開発の規模や工数を導き出すのか? そして、新しい広告分野として期待される「行動ターゲティング」の2本を解説します。

Duration: 00:08:56


8月12日 人間の脳の動きを具象化「マインドマップ」/現代の「ユビキタス」とは?

8/12/2008
More
人間の脳の動きを具象化した視覚的思考ツール「マインドマップ」。人によって描かれるイメージが大きく異なるマインドマップの守るべき12のルールとは? そして、小型情報端末の進化に伴い“どこからでもコンピュータを利用できる”意味へと変貌した「ユビキタス・コンピューティング」の2本を解説します。

8月5日 話題を仕掛ける「バズマーケティング」のコツ/「アイデンティティ管理」で利用者を特定

8/5/2008
More
従来型の「マーケティング」は消費者が“購買行動”を起こすことを目的とするのに対して、「バズマーケティング」は人々が“話題にする”ことを目的とする。その6つのポイントとは? そして、特定の利用者のみにITサービスを提供したり、利用者ごとにサービス内容を変更するために必須の「アイデンティティ管理」を解説します。

Duration: 00:09:12


7月29日 「アーリーアダプター」は何が得なのか?/「パーソナライズ」で自分化

7/29/2008
More
新製品やサービスの導入において、早い段階でそれを購入・採用する「アーリーアダプター」はなぜ注目されるのか? そして、利用者個人を特定・識別して、その属性や行動に合わせてサービスやコンテンツを変える「パーソナライズ」とは、の2本を解説します。

7月22日 「DRM」にとってのWin-Winとは?/「リーンソフトウェア開発」の7つの原則

7/22/2008
More
著作物に技術的な仕掛けを施すことでコンテンツ流出のリスクを抑え、代価の保証を確保しようとする「DRM」が目指すWin-Winの関係とは? そして、製造業を中心に展開されているリーン生産方式の考え方をソフトウェア製品に適用した「リーンソフトウェア開発」の“7つの原則”を解説します。

Duration: 00:08:46


7月15日 「情報フィルタリング」の光と影/何をもって「エンタープライズ 2.0」?

7/15/2008
More
ユーザーに必要な情報を取り出し、不要な情報を除外する処理を自動的に行う技術「情報フィルタリング」と、企業活動においてWeb 2.0的な進化の方向性を示す「エンタープライズ 2.0」とは? の2本を解説します。
See More