Philosophy Zoo-logo

Philosophy Zoo

37 Favorites

大学で哲学を学びたいけれど、人生棒に振ってしまうんではないかという不安を感じているかもしれない、若い世代の方々のための番組です。哲学のリアルな姿をお伝えするため、哲学に関連のある研究者、元学生、現役学生の声をお届けしていきます。

大学で哲学を学びたいけれど、人生棒に振ってしまうんではないかという不安を感じているかもしれない、若い世代の方々のための番組です。哲学のリアルな姿をお伝えするため、哲学に関連のある研究者、元学生、現役学生の声をお届けしていきます。
More Information

Location:

Japan

Description:

大学で哲学を学びたいけれど、人生棒に振ってしまうんではないかという不安を感じているかもしれない、若い世代の方々のための番組です。哲学のリアルな姿をお伝えするため、哲学に関連のある研究者、元学生、現役学生の声をお届けしていきます。

Language:

Japanese


Episodes

手話で因果論を解体する

8/24/2017
More
高山守さんは、東京大学で哲学を教えていた。2013年に同大を定年退職した後、社会活動への関心もあり地元の手話講習会に通い始めた。生まれは東京の江戸川区小岩。高校時代の倫理の授業では、教員に敵対心を抱かせるほど「物事の根本を掴まなければ気がすまない」性分だったというう。

Duration: 00:36:52


第2回現代哲学ラボ音源公開!永井均の哲学の賑やかさと密やかさ

2/15/2016
More
2015年12月12日にホテル&レジデンス六本木で開催された「永井均氏に聴く:哲学の賑やかさと密やかさ」では、永井均氏をゲストにお迎えしました。「現代哲学ラボ」第2号は、この時に収録した音源をテキストとして再現し、図表と脚注により、詳細な解説を加えました。

Duration: 01:05:20


芙蓉の花と存在の一義性

2/2/2016
More
山内志朗さんは、慶應義塾大学で哲学を教えている。生まれは山形県。奈良時代に始まったとされる山岳宗教に修験道があるが、その行者である山伏たちが修行した山々のふもとに育った。山中で厳しい修行を行う山伏は明治期に廃業を余儀なくされ、今では体験修行しかできないものの、山内さんの3代前の祖先までは山伏だったため、幼い頃からスピリチュアルなものに関心があったという。

Duration: 01:10:18


不随意な身体のリアリティ

1/22/2016
More
森岡正博さんは、早稲田大学で哲学を教えている。2015年の春、27年ぶりに関西から関東に戻ってきたばかりだ。7月最後の土曜、首都高速が頭上を走る通りに面した都内のホテルで開催された「現代哲学ラボ」で、話を伺った。

Duration: 01:00:33


音楽と哲学で生きる方向を見定める

2/17/2015
More
風間コレヒコさんは、週の3日を障害者の自宅介助員として働き、残りの時間をミュージシャンとして活動している。高校時代に、地元の福岡で見たアンダーグラウンド・バンド「人間」のライブに衝撃を受け、直後に友人3人でバンドを結成。ノイズやパンクを織り込んだ音楽作りが、自分が初めて見つけた「夢中になれるもの」だった。

Duration: 00:53:11


なぜ子ども時代の問いを持ち続けられたのか

8/31/2014
More
永井均さんは日本大学で哲学を教えている。哲学好きな読者ならば知らない人はいない、現代の日本の哲学を牽引してきた哲学者の一人だ。34歳で『〈私〉のメタフィジックス』を上梓してから、平均して年に一冊の著作を発表し続けている。難解でとっつきにくいというのが哲学の一般的なイメージである日本国内で、このペースで新刊本が次々に書店に並べられる、作家としての哲学者は数少ない。過去には、朝日新聞や日本経済新聞でもその随筆が連載され、大学で高校生と保護者向けの説明会を開けば、愛読者も詰めかける。それが哲学者、永井均さんだ。桜の新緑が眩しい4月のある日、編集部に永井さん自ら自転車で駆けつけて下さってインタビューが実現した。

Duration: 00:49:35


「あいだ」と〈私〉をつなぐ西田幾多郎の「場所」

8/29/2014
More
木村敏さんは、長年にわたり、精神的な病の診断にまつわる哲学的論考の執筆活動を精力的に続けて来られた。ご専門の精神病理学の分野ではもちろんのこと、2003年に『木村敏著作集第7巻』で和辻哲郎文化賞を受賞されたことからわかるように、哲学の分野でも高名な精神科医だ。国語の教科書にも掲載されているので、その美しい文体は、高校生にも馴染みがあるかもしれない。2014年夏、日本三大祭りの祇園祭の中日、京都市三条通りにある研究室を尋ねた。

Duration: 00:48:02


働き世代のための科学広場を作りたい

5/29/2014
More
立花浩司さんは、北陸先端科学技術大学院大学の社会人学生として、文化人類学を専門とする教員のもとで科学技術と社会に関する知識科学を研究している。大学の農学部を卒業後、バイオ系の実験機器・試薬を製造販売する会社に就職した。

Duration: 00:39:22


医学と倫理学と :「人間中心主義的生命中心主義」

5/20/2014
More
藤井可(ふじい・たか)さんは佐賀大学医学部で生命倫理学を教えている。医師の資格を持ち、医師のアルバイトをしながら、つい最近、哲学の論文で博士号を取得された異例の経歴の持ち主である。 藤井さんは、佐賀大学医学部5年目のと [...]

Duration: 00:27:33


音楽の哲学について考える

5/19/2014
More
学部は音楽大学でピアノを専攻していたが、昨年の春から哲学科の大学院に入った。哲学科に転向したのは、ピアノを弾くために音楽とはなにかを根本から考えたかったからというわけではない。確かに音楽が何であるのか当時も今もわかっていないのだけれども、音楽とは何か、ということが言葉でわかったからといって音楽活動がうまくいくわけではない気がする。ただ、日頃行っている実践を言葉で説明してみることもそれはそれでおもしろい。

Duration: 00:32:56


異なる価値観を受容するための論理性を定義したい

1/28/2014
More
当時関東地域の保育園で行われていたのは、放射線の専門家を招いた、放射線の知識を「情報提供」する説明会が一般的だったなかで、村上さん達は「情報収集」に徹した。(『哲楽』第5号、p.10)

Duration: 00:32:31


実は私哲学徒でした:沖縄の哲楽家、紀々さんに聴く

9/28/2012
More
本誌の創刊以来、ずっと気になっていた一人の女性がいた。本誌『哲楽』と同じく、 「楽しい」という漢字を当てた、哲楽家という肩書きをもつ紀々さん、その人だ。(『哲楽』第4号、p.55より)

Duration: 00:35:25


自分がそうとしか生きられない「生きやすさ」を目指す

9/27/2012
More
本間直樹さんは、大阪大学文学部で哲学を教えている。文献を講読するスタイルの授業以外にも対話に関するワークショップ形式の授業を担当している。(『哲楽』第4号、p.29)

Duration: 00:26:00


教師は率先してつまずき、ゆっくり・じっくり考える時間を作る

9/27/2012
More
土屋陽介さんは、立教大学と茨城大学で哲学を教えている。「懐疑論」と呼ばれる哲学の問題を専門にして、「この世界が夢でないとどうして言い切れるのか」という問題に、大学の学部生から博士課程までのたっぷり10年間、真面目に取り組んできた。(哲楽第4号p.21より)

Duration: 00:30:19


「生きる意味」、高校倫理の授業で生徒と考える

9/27/2012
More
綿内真由美さんは、長野県の公立高校で倫理を教えている。信州大学で哲 学を学び、お茶の水女子大学大学院に進学。 大学院在籍中に高校の教壇に初めて立った経験が忘れられず、故郷の長野県で、高校の教員になった。大学院て [...]

Duration: 00:21:51


子どもは大人の社会を小さくしたものをそのまま生きるべき

9/17/2012
More
大学生の頃の河野さんは、より実践的な問題として、心身問題や現象学を通して、 身体と言葉の関連について研究テーマを設定し、フランスの哲学者であるメルロ=ポンティのテキストを読み込んだ。博士論文を提出した1995年は、地下鉄サリン事件が起こった年でもあり、学生時代は宗教の勧誘活動も活発だったという。文献学的な哲学に留まることなく、「使える哲学」をずっと意識してきた。

Duration: 00:41:24


臓器移植法に詳しい医事法学者、斉藤信治さんの思い

1/29/2012
More
「斎藤信治さんは、中央大学(法科大学院)で刑法を教えている。人の生命に関わる刑法と医事法学に関心をもち、これまで安楽死、尊厳死、薬害エイズなどの問題に関わってきた。」哲楽第3号、pp.45より

Duration: 00:12:11


日本に生命倫理学を導入した哲学者、加藤尚武さんの思い

1/29/2012
More
「加藤尚武さんは、東京大学でヘーゲル研究者を志していた 1950 年代に、DNA の構造式が発見されてから 20 年後に遺伝子組み換えの可能性が示唆された時期を見逃すことはできなかった。人類史がこの時期を 境に前後に分かれるぐらいの決定的な出来事だと感じたのだ。」哲楽第3号pp.12-19

Duration: 00:12:00


功利主義を専門とする倫理学者、児玉聡さんの思い

1/29/2012
More
「京都大学に入学した当初の児玉青年は、 生命倫理学の常識的な言葉さえ知らなかったという。日本に生命倫理学を導入した加藤尚武先生の授業で倫理学を学び、その面白さに目覚めて研究を始め・・・」哲楽3号pp.3-10。

Duration: 00:11:22


功利主義とは何か

1/29/2012
More
「「功利主義って何ですか? 5 分で簡単に解説してください」と無茶なお願いをしたところ、 すぐに四つの特徴が挙がった。」哲楽第3号p.3より。

Duration: 00:01:42

See More