onfire japan - messages-logo

onfire japan - messages

57 Favorites

リバイバルの火を日本に Revival Fire to Japan: Onfire Japan は主のご臨在と力が日本を、また日本人のクリスチャンを満たすよう熱心に追い求め、そのために勤めているクリスチャンの奉仕です。Onfire Japan is a network of committed belivers dedicated to seeing the presence and power of God manifest in Japan and Japanese believers.

リバイバルの火を日本に Revival Fire to Japan: Onfire Japan は主のご臨在と力が日本を、また日本人のクリスチャンを満たすよう熱心に追い求め、そのために勤めているクリスチャンの奉仕です。Onfire Japan is a network of committed belivers dedicated to seeing the presence and power of God manifest in Japan and Japanese believers.
More Information

Location:

Japan

Description:

リバイバルの火を日本に Revival Fire to Japan: Onfire Japan は主のご臨在と力が日本を、また日本人のクリスチャンを満たすよう熱心に追い求め、そのために勤めているクリスチャンの奉仕です。Onfire Japan is a network of committed belivers dedicated to seeing the presence and power of God manifest in Japan and Japanese believers.

Language:

Japanese


Episodes

王は王達に与える Kings Give to Kings - Eric Johnson

7/11/2016
More
詩篇68:19, 今日は「必要が満たされる」事と「豊富にある」事の違いをはなします。 ある方は「繁栄のメッセージ」は良くないと思っているかもしれません、皆さんがどのような意見を持つかという事は自由です。 詩篇の68:19では「ほむべきかな、日々、私達のために重荷をになわれる主」とあります。英語訳では「重荷を担う」が「益をくださる」とあります。 神様は私達に与えたい、益を毎日与える事をすでに決められています。 ある時18ヶ月の間、私はコーヒーを買う事が出来ませんでした。買おうと思っても、誰かほかの人が払ってくれるのです。教会の中のカフェの近くである時人と話ながら、コーヒーの香りが...

Duration: 00:38:54


もっと実をならせる為の旅路 Journey to Bearing More Fruit - Eric Johnson

7/11/2016
More
「もっと実をならせる為の旅路」エリック・ジョンソン 同時通訳:相馬伸子 エペソ2:10、ピリピ1:6、ガラテア5:22, 23、ヨハネ15章 「実をもっとならせる」ことの話を今日はします。 「あなた」は最高の芸術家である神様の芸術作品で、エペソ2:10ではまるであなたが、ギャラリーの真ん中にスポットライトを浴びて輝く唯一の芸術作品のようだと、言っています。どうですか?励まされてくださいね。 そして、神様が始めたことは、神様が成し遂げてくれます。 ヨハネ15章では「私は枝、主イエスは真のぶどうの木、天の父はまことの農夫」と言っています。イエスは彼が生きていた時の周りの情景、文化や例えを用いて語れます。興味深いです。 イエスが「わたしはまことのぶどうの木」と言っているなら、「偽物」もあるのです。枝は繋がっているところが延長されているようなものですから、もし、あなたが「偽」に繋がっているなら、そのような結果になるでしょう。...

Duration: 00:45:49


信仰にはいくつもの見え方があります Faith Has Many Faces - Eric Johnson

7/11/2016
More
https://youtu.be/IPOPS6yrqxU ヘブル 11:1、ルカ 17:5 信仰の話をしましょう。 信仰とは、「目に見えないものを確信させる」とありますが、それはどのような事でしょうか?例えば、私の上着でマイクスタンドを隠し、同時に私が人生で一度もマイクスタンドを見た事がなく、知識もなかったとしましょう。しかし、上着をとったら、覆われているものがなくなり、その下にあるマイクスタンドが見え、人生の土台に必要な事として自分の人生に加える事ができます。信仰は「活性化」する事なしに、知ることはできません。信仰は「働かせる」事がひつようなのです。 ルカ書から見える様に、弟子達は多くのしるしや不思議、奇跡を体験し、それを見、行ってきました。 イエス様は弟子達に力と権威を与え、それを良いとされたのか、70人の弟子達をも送りだしました。 弟子達は力と権威を与えられ、癒し、悪霊を追い出し、力を持って働き、驚いた事でしょう。しかし、同時に彼らの人格の未熟な部分も同時に現れ、ついにはイエス様は彼らを叱ります。...

Duration: 00:38:11


人生の歌 Song of Life - Danny Silk

7/11/2016
More
「人生の歌」ダニー・シルク Song of Life - Danny Silk ハバクク1:1〜4、2:1〜2、3:1、2 ハバクク書から「人生の歌」を見ていきましょう。 ハバククは「自分の周りにある不義、暴虐」を神様に訴えていますが、あなたはどうでしょうか? あなたのまわりの出来事は、あなたにとって「正しさの基準」を麻痺させるような働きになっていませんか?インターネットやメディアを使って、誰かが、私たちの「正しさ」の基準を麻痺させようとしているのです。世界中の恐ろしい出来事があなたの目の前にやってくる事もネットによって可能です。 何にたいして「心が動かされる」事かはひとそれぞれ違うのですが、あなたはあなたの心が動かされたを「重荷」として受け取ることでいいのです。ハバククはまず最初に「重荷」を「文句」として神にぶつけていますが、それは、祈りです。そしてハバクク3:19には「指揮者のために弦楽器に合わせて」とありますから、祈りに音楽がつけば、それは歌ですね。ですから、「人生の歌」と私は呼んでいます。...

Duration: 00:44:10


痛みを委ねる事 Surrendering Pain - Brian Johnson

6/2/2016
More
メッセージ:ブライアン・ジョンソン 同時通訳:相馬伸子 ピリピ1:9.10 ヨハネ5:34、41 自分は今までの人生で痛みを感じない、痛みがあっても、その感情をどうやって取り扱うかを知らない男性でした、しかし、去年の7月に起こった出来事によって、転機がきました。その頃は賛美の学校のミニストリーが一つ終わり、しかし賛美のレコード会社の仕事は、繁栄し、同時に沢山のストレスを抱えていた時でした。 急に、心臓が痛み、自分では自分をコントロールするできなくなり、十代の頃に一度解放されたパニックアタックも再発し、ノイローゼになってしまいました。ミニストリーもできなくなり、家で子供の声が大きいと家にはいられなくなり、庭の芝生を見てもパニックアタックになるような非常に苦しい季節になりました。 特にアメリカの男性は「タフ」になり、強くなければならない文化があり、自分の中の痛みに対して「感じる」事をせず、痛みを避けようとします。...

Duration: 00:38:37


神様が無言の時 God On Mute - Eric Johnson

5/31/2016
More
1テモテ2:3、4、エペソ5:17、18、1テサロニケ4:6、7、ピリピ1:29、ヨハネ15:15、2コリント3:6 私達信者の中で、「自分の人生の為の神様の御心」の話をすると、よく相手の心が閉じているのを感じます。多くの教会では、「神様の御心」が制限するもの、私達の力を奪ってしまうものとして扱われている事ようです。神の御心と、それにそった判断を人生でしていく事は、私達神様との関係を持つものにとっては、かならず必要な事で、それを避ける事はできないのです。 神様の御心は、あなたが思っている以上に 広くて、あなたに力を与えるものです。あなたが、救われて、聖霊で満たされて、良い行いをすることです。 私達が「神の御心」にそって、何かを判断する時、決断する時「正しいことをしたい」と「間違えたくない」という正しさ、間違いのように、考えてしまい、特に「間違った決断をしたら、自分の人生はおしまいだ」と恐れるのです。「神様の御心」を正しく判断できなかったら、祝福されないと思うのです。...

Duration: 00:38:27


勇敢である事は私達の本質 Courage Is Our Nature - Bill Johnson

5/5/2016
More
マタイ8:15 、1サムエル15章、マタイ14:5、使徒12:20〜23 ヘロデのパン種は「政治的システム」であり、人道主義で、人が中心になる。神がいても良いが、神を信頼する事を政治や人生に含める事を嘲笑する。パリサイ人のパンは「宗教のシステム」です。 人を恐れる事は、神を恐れる事の反対である。サウル王は「民を恐れて」してはならない「生贄を捧げる」事をして、彼に与えられていない領域に手を出した。それは「背く事は占いの罪」「従わない事は偶像礼拝の罪」を犯した時の事です。...

Duration: 00:45:13


へりくだって神と共に歩む Walking Humbly With Our God - Danny Silk

5/5/2016
More
ミカ書6:8、1ペテロ5:6、7、8 ある結婚式の動画を見ましょう。新婦の父が新郎に話す言葉なのですが、「私が人生を注いだ、自分が人にあげることのできる最善のものを(娘)をあなたに渡します」。 この愛と権威のある父は、謙遜に神様と歩いているのです。ミカ書6:8節はとてもシンプルですが、私は自分の人生を永遠を使ってこの事を歩んでいくのだと信じています。へりくだって神と歩む事は、私達が長らく一生懸命教えようとしている事です。へりくだるとは「人の事に関心を持ち、自分より他人を大切に考える、自分中心に考えない」事です。1ペテロ5章では「謙遜を身につけなさい」とあります。これは、謙遜さを洋服を着ているように、人が自分を見たときに真っ先に見るものとする事です。ジョンとベニジョンソンは私にとってこの事の素晴らしい模範です。彼らがどのように状況、問題、好意や祝福やチャンスを取り扱うかは、この「へりくだって」いる事がいつもありました。...

Duration: 00:49:55


恐れにあなたの約束を盗ませないで Don't Let Fear Steal Your Promises - Beni Johnson

4/20/2016
More
ベニ・ジョンソン師 3ヨハネ1:2、民数13:17、14:24、詩篇27:13 2016年の為の3つの事:感謝する事、ワクワクする事、期待する事を主が2016年の為に与えていると思います。ある人は「でも自分のこの状況に感謝なんて」と思うかもしれませんが、聖書は「いつでも感謝しなさい」と教えているので、それを実践するのは私達の責任ですね。 今、私達のいる世界では色々な事が起こっています。ですから、恐れが入ってきて、心を支配し、影響する事を許してしまわないようにしましょう。今年は多くの人にとって、恐れと対決するような状況があると思いますが、「感謝する事」は私達が知っている以上のものを解き放つ事ができます。 カレブの話をしましょう。 カレブはユダ族のリーダーであり、モーセが12人をカナンの地に送ったスパイの内の一人です。...

Duration: 00:40:31


神との友情を持つ事に移っていく Moving Into Friendship With God - Kris Vallotton

4/7/2016
More
2コリント5:17、1ヨハネ3:4、ヨハネ15:1〜8 私達は皆が元は罪人でしたが、イエスを信じた時から、聖徒にされました。聖徒です、そして2コリント5:17でありますが、「新しく造られた者」です。その意味は「試作品」であり、今までは存在しなかった人類だという意味です。 御子があなたを自由にしたのなら、あなたは「罪の奴隷」ではなく「義の奴隷であるので」昔は「罪を犯す事を止められない」「いつも罪を犯す者」であったけど、今は「罪を犯す事ができない」「良い事を行う者」にされました。罪を犯す者は「悪魔の子」とあり、「神から生まれた者は罪を犯しません」とあります。新生した時に、神の言葉、神の種から生まれるので、信者は神の子であり、神の言葉がDNAになります。...

Duration: 00:44:31


ペテロの物語とあなたのデスタニー Peter’s Story and Your Destiny - Kris Vallotton

3/30/2016
More
マタイ6:33 マルコ16:7 私は歴史を作るもの、ヒストリーメイカーになりたいですが、その前に自分の人生の神様との歴史を作ることが必要です。ペテロは漁師出会った時に、彼の所にイエスがやってきた。そのようにして、神様はあなたが今いる所で、あなたが責任を与えられている所で、あなたを見ています。そして、私達は神様を知らない時から、神様によって訓練されているのです。自分の人生の為に神様を待ち望んでいるのですと言わずに、今いる所で、あなたにとっては普通の所で、あなたは超自然の神と普通ではない事をするのです。...

Duration: 00:46:56


丘から降って Coming Off The Hill - Eric Johnson

3/30/2016
More
ルカ15章、 ベテル教会は、生れてから50年以上になりますが、この場所を私の曾祖父母達、長老達が幻をもって、買った時には「市街地から遠く離れた丘」として見られていたので、私達は「丘の上のクレイジーな教会」と呼ばれていました。でも、クレイジーと呼ばれることは、普通ですし、私達とある期間過ごすならば、これもあなたの普通になるのです。ベテル教会は「都市に侵入する」としばらく言いながら、それを実践してきましたが、実践していない人たちからは、この「言葉」に対して大きな否定的な反応を受けました。私達は言葉についているイメージに影響されるのです。今は私達は「都市を良く愛する」という言葉を同じ事を表現する事に使っています。 去年、私はレディング市の都市建設業界団体から、頼まれ昼食会でベテル教会の事を話しました、そこで気がついた事は、今は「街が丘を登って教会に来ている事です」...

Duration: 00:43:01


神様はご自身を求める者に報いを与える God Rewards Those Who Seek Him - Bill Johnson

3/30/2016
More
ヘブル11:6、1サムエル17章、マタイ25章 神は「報い」を与える方ですが、「神は報いを与える」という話題はある人々から否定的な反応を引き出します。動機は何でしょうか? 私は与える事を楽しみます、でも何かを神様からもらうために与える事はしません。その人や、働きを敬い、神の国が建て上げられるためです。ギャンブルではなく自分の持っている資材を増加させるために主にささげるのではありません。 しかし、同時に神様は「報いを与える父」である事を無視する事はできないのです。ガラテア6章でいっているように、もし、あなたが種をまいても、刈り取る事がないと思うなら、それは神の約束、契約、ご人格を軽んじている事になるのです。 聖書の中で、報いを受ける事を歩んだ人は誰でしょう。ダビデです、1サムエル17でゴリアテを倒した者は「どうされるのですか」と3度聞きますが、その時に彼の中に信仰が立ち上がるのです。興味深い事はダビデの言葉を聞いた時の「兄」の言葉です。報いの事を聞くと「お前の高慢、自己中心はわかっている」と責めるのです。...

Duration: 00:49:27


神は自分を差し出す器を通して働かれる God Works Through Willing Vessels - Bill Johnson

2/17/2016
More
イザヤ9;6、7、35:1〜6。マタイ2章6節 クリスマスには「クリスマスストーリー」とよぶ聖書箇所を読み、私達の多くはその箇所に親しんでいます。その他には「ダビデとゴリアテの戦い」「クジラに飲まれたヨナ」「ノアの箱船」などですが、慣れ親しんでしまう難点は、そのみ言葉が剣として語っている、機能している「刃」の部分を失ってしまう事です。 今日はクリスマスのメッセージ、救い主が来る、来た事を話しましょう。 イザヤ書は預言書ですから、預言的に読むことが必要です。預言的に読むとは、たとえを用いて神が話される事を理解する事です。イザヤ書9章6、7節では「男の子」が与えられた、その名は「永遠の父」とあります。イエスは天の父の栄光の輝きですから、このようなユニークな事になるのです。そして「主権は肩にあり」とありますが、肩とはなんでしょう。教会の頭はキリストで、体はキリストです。肩は体ですから、統治する権威は私達に与えられています。息子、御子が来たのは父を現す為です。子は父を現すのです。私達も息子、娘であり初めて上手に父を現すことができるようになるのです。...

Duration: 00:49:06


危機と成功の中で主を求める Seeing God in Crisis and Success - Eric Johnson

2/4/2016
More
2歴代誌20:1〜25 聖書の中に多くの王が出てきますが、悲しいことに多くの王は主に仕えること、求めることで失敗しています。しかし、ヨシャパテ王は非常な成功の中でも、大きな危機の中でも主を求めることをした王です。 ヨシャパテ王は、主に求め、導きを伺ったことで主によって繁栄させられ、強固な軍隊を持ち、敵国からも贈り物をうけとり豊かになり倉庫の街を広げなければならないほどでした。私たちは神様しか頼れない状態、環境にある時には主を求めることが自然ですが、繁栄し、必要が満たされている時にはどうでしょうか?...

Duration: 00:47:48


全ての状況の中の希望 Hope In All Circumstances - Bill Johnson

2/4/2016
More
ゼカリヤ9:12〜14、17。10:1、7 以前にも話をしましたが、神様は「回復の主」であるので、回復をされる方です。敵が悪の為に行なう事を神は良い事に変える事ができるのですから、信者が聖書的に考える思考を持って、考えるならどのような状況でも、恐れて引き下がるのではなく反対に「これは2倍に受けるチャンスが来た」と問題や困難の中を通る事が出来るのです。私達は時間の中にいますが、神様は時間の外にいて、すでに全ての事を完了された所から私達に接してくれるのです。ですから、どんな問題、困難であっても、神様によって、既に解決や答えが準備されていない事柄は、私達の人生にやってくる事がないのです。 これは、希望です。あなたがある状況や課題をみてそこに希望がない時には、嘘によって影響されている視野によってあなたがそれを見ているのです。...

Duration: 00:38:36


神様の心は回復する事 God’s Heart is Set on Restoration - Bill Johnson

1/25/2016
More
ハガイ2;9、ヨブ記42:10 神様は「回復」をされる神であり、これはご自身の「人格」であり、終わりの日に知られなければならないものです。神様が約束しているのは「神の良さが終わりの日には地上に神を畏れる事」がもたらされる。ということです。神の「良さ」「回復」はまるでスキャンダルのように、あってはならないような、ありえないような「善意」があり、パウロが「めぐみが溢れる為に罪を犯すべきでしょうか?そうではない」 と言っています。神の回復というのは、最初よりももっと良いものとされるのです。 たとえば、ヨセフの人生もみてください、彼は兄弟達に奴隷として売り飛ばされ、嘘の情報で捕まり、牢獄に入れられ、しかし結果的にはエジプトで2番目の地位になり、治めました。かれが自分でそれを達成しようとしたならば、もっと時間がかかっても出来なかったかもしれませんが、ヨセフの人生は「神の贖い、回復」の人生です。...

Duration: 00:42:33


天国の本質は前進すること The Nature of Heaven is Promotion - Danny Silk

1/25/2016
More
出エジプト 23:28 〜30 1歴代誌 4:10 士師記13:18 今日皆さんに話したいことは「ヤベツの祈り」のところで要約できるようなことです。ビルジョンソンはこう言います「自分が祝福され、繁栄することを求めないことは自己中心である。なぜならあなたの繁栄や祝福はあなたの周りの人々や状況に対して影響を与えるものだからです」 。出エジプト23章では神は民に「あなたの前に熊蜂(超自然な力)を送り、あなたの前から敵を追い出そう。しかし一歩一歩であり、一度に全ての敵を追い出してもあなたにはまだ、私があなたに与えている相続地すべてを所有し、満たすことができないからだ。」と語っています。私達の宣言は神様が作ってくれた、実をならせ、所有できる場所に対して前進すること、一歩進むこと、反対勢力があるところでも諦めず、夢をみて、戦うのです。そして、私達が前進することを選ぶなら、葛藤し、成長することが要求されます。でも、神様はその一歩を進める場所を下さるのです。...

Duration: 00:45:31


愛 対 恐れ Love Versus Fear - Bill Johnson

1/21/2016
More
イザヤ51:12〜13、54:14。1ヨハネ4:18〜21 私達の人生に非常に大きく影響する視野、フィルターのようなものが2つあります。 それは、「愛」「恐れ」です。 「愛」のフィルターのある人は試練の中でも神様の良さを見つけ、良い知らせの中を歩む事ができます。しかし「恐れ」のフィルターがある人は、いつでも心配、恐れ、焦りにつながってしまうでしょう。 神は何度も「恐れてはならない」と聖書の中で命じています、これは命令です。感謝です、神が命じているなら、それは私達ができない事ではなく、神の恵みによってその中を歩む事が出来る事なのです。ギデオンの軍隊の事を考えてください。神は軍隊で恐れている者を返し、少ない人数で戦わせました。そのように神があなたを戦いの中に導くなら、すでにあなたは戦いの準備ができているのです。恵みがあるのです。 人が敵の嘘に同意して、受け入れた時に敵は力を増大します。ですから、普通に考えて、心配しそうな状況があったり、恐れの感情がある事は罪ではないのですが、その嘘を信じる事、同意する事は罪ですから、私達は同意しない選択をするべきですし、これは選択できるのです。...

Duration: 00:37:31


陶器師と粘土 The Potter and the Clay - Eric Johnson

12/28/2015
More
2コリント5;15〜17 ガラテヤ5:1 祈りによって私は自分の間違った神学に気がつかされるのですが、皆さんはどうですか?今まで「神様 私の人生のあなたの御心はなんですか」と祈った事はありますか?そうです、それです。 2コリ5:15を見てください、あなたは既に「自分」ではなく「キリスト」の為に生きる者とされたのです。ですから、あなたの人生は「あなた」の為ではなく、主イエスの為に生きる事が神様の御心です。これは、自分の肉との葛藤だけではなく、特にアメリカや欧米の「自分中心」の文化においては、非常に難しいチャレンジです。自分中心である事が日常であり、日々語ってくる「自分が何をするか」が大事という文化の声に対して、逆行することです。...

Duration: 00:49:55

See More