J-POP scene continues to change with the times LEGEND OF MUSIC M-logo

J-POP scene continues to change with the times LEGEND OF MUSIC M

10 Favorites

時代とともに、様々な変化を続けるJ-POPシーン。今までに、たくさんの人の努力によって、今の日本の音楽業界が作られてきました。この番組では、いろんな時代の最前線で日本の音楽シーンを動かしていた音楽メーカー、プロダクション、プロモーター、アーティストなどの様々な立場のMUSIC MASTERに登場してもらい、J-POPシーンを検証していきます。

時代とともに、様々な変化を続けるJ-POPシーン。今までに、たくさんの人の努力によって、今の日本の音楽業界が作られてきました。この番組では、いろんな時代の最前線で日本の音楽シーンを動かしていた音楽メーカー、プロダクション、プロモーター、アーティストなどの様々な立場のMUSIC MASTERに登場してもらい、J-POPシーンを検証していきます。
More Information

Location:

Japan

Description:

時代とともに、様々な変化を続けるJ-POPシーン。今までに、たくさんの人の努力によって、今の日本の音楽業界が作られてきました。この番組では、いろんな時代の最前線で日本の音楽シーンを動かしていた音楽メーカー、プロダクション、プロモーター、アーティストなどの様々な立場のMUSIC MASTERに登場してもらい、J-POPシーンを検証していきます。

Language:

Japanese


Episodes

株式会社MSエンタテインメント代表取締役 田中芳雄《第4週》

3/13/2008
More
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。マネージメントにおいて権利ビジネスが最も注目を集めたのが80年代だった。

Duration: 00:14:46


株式会社MSエンタテインメント代表取締役 田中芳雄《第3週》

3/6/2008
More
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。シングル重視からアルバム重視へ、そしてコンサートに重点を置いたのが80年代だった。

Duration: 00:14:53


株式会社MSエンタテインメント代表取締役 田中芳雄《第2週》

2/28/2008
More
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。80年代に入りラジオを通じて、アーティストのキャラクターを積極的にプロモーションしていった。

Duration: 00:13:05


株式会社MSエンタテインメント代表取締役 田中芳雄《第1週》

2/21/2008
More
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。70年代はレコード会社のヒットを狙う姿勢からマネージメントととして学ぶものが多かった。

Duration: 00:13:11


株式会社角川学芸出版 杉岡中《第4週》

2/14/2008
More
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ミディ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。月刊カドカワは当初、女性向けの小説誌だった。音楽アーティストの特集は松任谷由実が最初。

Duration: 00:14:42


株式会社角川学芸出版 杉岡中《第3週》

2/7/2008
More
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ミディ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代に入り、急激に海外の音楽情報が一般の人にも届き、輸入盤が流通され始めた。

Duration: 00:09:53


株式会社角川学芸出版 杉岡中《第2週》

1/31/2008
More
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ミディ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代、業界のポテンシャル以上の売り上げを求めて、何かを見失った時代。

Duration: 00:11:45


株式会社角川学芸出版 杉岡中《第1週》

1/24/2008
More
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ミディ、角川書店と経験した立場から音楽シーンを振り返る。いきなり入社したばかりで「いけないルージュマジック」の大ヒットを経験。

Duration: 00:11:01


タワーレコード株式会社 望月展子《第4週》

1/17/2008
More
~ 流通、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ぴあ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代の読者は情報をインデックス化する事で活用していたが、現在は、なかなか自分の好みの枠を越えてまで活用しない。

Duration: 00:15:00


タワーレコード株式会社 望月展子《第3週》

1/10/2008
More
~ 流通、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ぴあ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代、ぴあ編集部内で、音楽においてカルチャーとエンターテインメントを線引きする傾向があった。

Duration: 00:14:51


タワーレコード株式会社 望月展子《第2週》

1/4/2008
More
~ 流通、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ぴあ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。劇団四季のチケットの取り扱いからスタートした“チケットぴあ”が邦楽の売り上げまでに影響を及ぼすに至った。

タワーレコード株式会社 望月展子《第1週》

12/28/2007
More
~ 流通、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ ぴあ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代は、様々なタイプのライブハウスが混在していた時代。仕事の9割が、掲載を断る仕事だった!?

株式会社TBSテレビ 編成制作本部アナウンス部長 斎藤薫《第4週》

12/21/2007
More
~ メディアのメインストリームにおける80年代の音楽シーンとは ~ TBSのテレビ・ラジオで80年代にプロデューサーとディレクターを担当した立場から当時の音楽シーンを振り返る。テレビにおける音楽番組は80年代にピークを迎え、音楽番組は減っていった。その結果、世の中に知られている曲とミリオンヒットがシンクロしなくなった。

株式会社TBSテレビ 編成制作本部アナウンス部長 斎藤薫《第3週》

12/14/2007
More
~ メディアのメインストリームにおける80年代の音楽シーンとは ~ TBSのテレビ・ラジオで80年代にプロデューサーとディレクターを担当した立場から当時の音楽シーンを振り返る。音楽の楽しみ方の多様化によって、音楽チャート番組が80年代後半、時代に対応出来なくなってきた。

株式会社TBSテレビ 編成制作本部アナウンス部長 斎藤薫《第2週》

12/7/2007
More
~ メディアのメインストリームにおける80年代の音楽シーンとは ~ TBSのテレビ・ラジオで80年代にプロデューサーとディレクターを担当した立場から当時の音楽シーンを振り返る。邦楽、洋楽ともにテレビや映像の影響が大きく、またライブパフォーマンスが重要になっていった時代だった。

株式会社TBSテレビ 編成制作本部アナウンス部長 斎藤薫《第1週》

11/30/2007
More
~ メディアのメインストリームにおける80年代の音楽シーンとは ~ TBSのテレビ・ラジオで80年代にプロデューサーとディレクターを担当した立場から当時の音楽シーンを振り返る。「日本レコード大賞」「ザ・ベストテン」など音楽番組を制作していたTBS。80年代は音楽を情報として扱った番組がブレイクした。

ミュージシャン・プロデューサー 伊藤銀次《第4週》

11/23/2007
More
~ ロックの根本はいつの時代も変わらないが、スタイルは時代とともに変化する ~ 佐野元春、沢田研二、ウルフルズのプロデュースワークをした立場から80~90年代当時の音楽シーンを振り返る。80年代は音楽をやっている人たちにとって、恵まれた時代だった。アメリカやイギリスの音楽シーンに触発されて、日本も活性化していった。

ミュージシャン・プロデューサー 伊藤銀次《第3週》

11/16/2007
More
~ ロックの根本はいつの時代も変わらないが、スタイルは時代とともに変化する ~ 佐野元春、沢田研二、ウルフルズのプロデュースワークをした立場から80~90年代当時の音楽シーンを振り返る。日本の街並みが変わっていくとともに、そこにフィットする音楽も変わっていく。

ミュージシャン・プロデューサー 伊藤銀次《第2週》

11/9/2007
More
~ ロックの根本はいつの時代も変わらないが、スタイルは時代とともに変化する ~ 佐野元春、沢田研二、ウルフルズのプロデュースワークをした立場から80~90年代当時の音楽シーンを振り返る。日本において70年代に神格化されていたロックが80年代に入り、いい意味で大衆化していった。

ミュージシャン・プロデューサー 伊藤銀次《第1週》

11/2/2007
More
~ ロックの根本はいつの時代も変わらないが、スタイルは時代とともに変化する ~ 佐野元春、沢田研二、ウルフルズのプロデュースワークをした立場から80~90年代当時の音楽シーンを振り返る。80年代を迎え、佐野元春を売らないと日本の音楽シーンは良くならない、という思いが強かった。
See More