Try Premium for 30 days

Live games for all NFL, MLB, NBA, & NHL teams
Commercial-Free Music
No Display Ads
Radio Museum-logo

Radio Museum

17 Favorites

「ラジオ美術館」は、アートに親しむためのインタビュー番組です。美術館やアートに関わるゲストの、生の声が主役です。インタビューから伝わる、ゲストの素顔やその仕事・作品の魅力を感じ取ってください。

「ラジオ美術館」は、アートに親しむためのインタビュー番組です。美術館やアートに関わるゲストの、生の声が主役です。インタビューから伝わる、ゲストの素顔やその仕事・作品の魅力を感じ取ってください。
More Information

Location:

Japan

Description:

「ラジオ美術館」は、アートに親しむためのインタビュー番組です。美術館やアートに関わるゲストの、生の声が主役です。インタビューから伝わる、ゲストの素顔やその仕事・作品の魅力を感じ取ってください。

Language:

Japanese


Episodes

vol.8-4「緊張感との戦いを経て」

3/28/2012
More
作品を無事に搬入した後には、展示作業も担当します。終始緊張を強いられる作業と想像してしまいますが、その恐怖はどうやって克服しているのでしょうか。最後にはエジプトでの研修など、最近の活動についても伺いました。 MP3ファイル

Duration: 00:13:37


vol.8-3「輸送」

3/27/2012
More
美術品を運ぶ際には、専用の車両を使い振動をやわらげて傷ができることを避けます。また、「クーリエ」と呼ばれる作品に伴って乗車する人をはじめ、多くの人が関わって作品の安全を管理します。 MP3ファイル

vol.8-2「集荷と言ってはいけない」

3/20/2012
More
美術館や博物館に展示されている作品には、他所から拝借してきたものが多くあります。作品の持ち主の方がどのような気持ちで作品を貸し出すのか。人の気持ちを想像することが、細やかな仕事につながります。 MP3ファイル

vol.8-1「美術品輸送業務との出会い」

3/20/2012
More
日本通運株式会社で美術品輸送業務について31年。徳田氏が美術品輸送という業務が存在することを知ったのが、同社に入社後でした。「美術品を運ぶ」という発想すらなかったという徳田氏ですが...? MP3ファイル

vol.7-4「関係性の媒体としてのアート」

3/6/2012
More
「痛み」と「やまい」は万人が抱え持つものだと、斎藤氏は語ります。アートには人と人との関係性に介入し、巻き込んでいくような力が備わっているという興味深いお話も。アートの楽しみ方・関わり方について、最後に教えていただきました。 MP3ファイル

vol.7-3「アートセラピーは効果があるのか?」

3/6/2012
More
斎藤氏は、自身がコーラスに参加した経験から、声楽療法に取り組んでいます。従来の芸術療法では、評価をしてはいけないという了解があったそうですが、同氏は技巧の上達によって得られる治療的効果に注目しています。 MP3ファイル

vol.7-2「松井冬子さんの作品について」

2/28/2012
More
『美術手帖』2月号(2012年1月発売)で、『松井冬子論ジェンダーとアートの新しい回路』を発表した斎藤氏。彼女の作品の独自性とは何か?"女性性"や"予兆"といったキーワードからお話ししていただきました。 MP3ファイル

vol.7-1「精神科医とアートの出会い」

2/28/2012
More
斎藤環氏がアートに興味を持つきっかけとなったのは、1993年「パラレル・ヴィジョン」展(世田谷美術館)で見たヘンリ―・ダーガー(1892-1973)の作品でした。今やアウトサイダー・アートの旗手として取り上げられる彼の作品に、斎藤氏は何を見出したのでしょうか。後半は、同氏の考えるアートの定義についてうかがいます。 MP3ファイル

vol.6-2「日本画を学びはじめて」

2/14/2012
More
松井氏が現在の作風にたどり着くまで、さまざまな紆余曲折がありました。学生時代に挑戦した作品は、今の松井氏の印象とは少し違ったもののようです。後半は日本画の技法について詳しくお聞きしました。 MP3ファイル

vol.6-1「画家・松井冬子ができるまで」

2/14/2012
More
現在もっとも注目を集める画家のひとりである松井冬子氏。独特の世界観を日本画の技法であらわすことで知られていますが、その幼少期はどんな少女だったのでしょうか?また大学時代は? MP3ファイル

vol.5-4「原三溪市民研究会がこれからできること」原三溪市民研究会

1/10/2012
More
三溪を通じて公共を考える、横浜を深く知る。多面性を持った三溪を学ぶことによって、メンバー自身も自分の知的好奇心をふくらませています。今後はこれをさらに外に向けて発信すべきではないだろうか。未来に向けての新たな目標を掲げ、同会の活動はこれからも続きます。 MP3ファイル

vol.5-3「多くの人を惹きつける、原三溪市民研究会の魅力」原三溪市民研究会

1/3/2012
More
後半は、猿渡顧問がインタビュアーに転じ、会員の久保いくこ氏と佐滝剛弘氏にお話しを伺います。世代も職業も違う二人が三溪に興味を持ったきっかけはそれぞれ。二人をつなぐキーワードは、同会発足において重要な役割を果たした藤本實也著「原三溪翁伝」でした。※現在の年会費は5,000円です。 MP3ファイル

vol.5-2「実業家・三溪の多様な側面と市民協働」原三溪市民研究会

12/27/2011
More
実業界で活躍する一方で、画家の支援をしたり、独自の茶道をおこなったり。生活自体を愛でた三溪ですが、関東大震災(1923年)が起きると横浜の復興に奔走しました。80年以上前にさかのぼる三溪の生き方やポリシー。その一端を紹介します。 MP3ファイル

vol.5-1「原三溪市民研究会、発足の秘密!?」原三溪市民研究会

12/20/2011
More
前半は、横浜美術館特任研究員で、原三溪市民研究会の顧問でもある猿渡紀代子氏がゲストとなり、同会会長の廣嶋亨氏がインタビューをおこないます。研究会はどのようにして発足したのか?さかのぼること○年......はじまりは横浜美術館の展覧会企画でした。※音声内6:26付近の「横山大観とか、岡倉天心とか」などの「岡倉天心」は「下村観山」の誤りです。 MP3ファイル

vol.4-4「極意!? 本とのつき合い方」幅允孝さん(ブックディレクター)&冨井大裕さん(アーティスト)

10/18/2011
More
最後にお聞きしたのは、お二人が勧める本とのつき合い方。お二人の回答からは、それぞれの本に対する考え方や愛情がひしひしと伝わってきます。(6:12) MP3ファイル

vol.4-3「本の向こうに人がいる」幅允孝さん(ブックディレクター)&冨井大裕さん(アーティスト)

10/11/2011
More
ブックコーナーをつくる前に、その場に集う人との対話を粘り強くおこなう幅さん。展覧会図録から学芸員の意欲が伝わるという冨井さん。本にはいろいろな人の熱意、記憶が宿っています。(10:20) MP3ファイル

vol.3-3「人生を変えた江戸絵師との出会い」杉山邦彦さん(日本テレビ イベント事業部プロデューサー)

3/15/2011
More
教えて天野さん【7】学芸員でなくても、展覧会の仕事にかかわる方法があるでしょうか? MP3ファイル

vol.3-1「『ポンペイ展』の舞台裏」杉山邦彦さん(日本テレビ イベント事業部プロデューサー)

3/1/2011
More
教えて天野さん【5】「展覧会にくるたびに室内の壁の建ち方が異なりますが、どのような理由で空間を仕切るのですか?」 MP3ファイル

vol.1-4「元々は医大志望?! ひょんなことから美術の世界へ」天野太郎(横浜美術館主席学芸員)

11/23/2010
More
番組ではアートや横浜美術館に対するみなさんからの疑問・質問を募集しています!専用メールアドレス「yma-shitsumon@yaf.or.jp」までお送りください。横浜美術館ホームページ「ヨコビチャンネル」内の専用ページからもお申し込みいただけます。 MP3ファイル

vol.1-3「美大に入らなくても学芸員になれる」天野太郎(横浜美術館主席学芸員)

11/16/2010
More
番組ではアートや横浜美術館に対するみなさんからの疑問・質問を募集しています!専用メールアドレス「yma-shitsumon@yaf.or.jp」までお送りください。横浜美術館ホームページ「ヨコビチャンネル」内の専用ページからもお申し込みいただけます。 MP3ファイル
See More