Broadcasting lawyer-logo

Broadcasting lawyer

Legal >

知りたい聞きたい弁護士さんの素顔と法律の話。「弁護士って近寄り難い」と考えているアナタのためのインターネットラジオ・ポッドキャスト。裁判・法律・弁護士に関することを面白おかしくお話しします。バックパッカーのあやしい裏話、トリカゴ放送の提供でお送りします。

知りたい聞きたい弁護士さんの素顔と法律の話。「弁護士って近寄り難い」と考えているアナタのためのインターネットラジオ・ポッドキャスト。裁判・法律・弁護士に関することを面白おかしくお話しします。バックパッカーのあやしい裏話、トリカゴ放送の提供でお送りします。
More Information

Location:

Japan

Description:

知りたい聞きたい弁護士さんの素顔と法律の話。「弁護士って近寄り難い」と考えているアナタのためのインターネットラジオ・ポッドキャスト。裁判・法律・弁護士に関することを面白おかしくお話しします。バックパッカーのあやしい裏話、トリカゴ放送の提供でお送りします。

Language:

Japanese


Episodes

第067回 世間を賑わすセクハラ・パワハラについて

5/2/2018
More
皆様、こんにちは。 日本は、潔癖症の方が多いのでしょうか? 何か不祥事があると責任者は辞任せよとなることが多く、かえって、重要な事項の審議が進みませんね。不祥事を起こした当事者は別としても、不祥事が生じたときにこそ、責任...

Duration:01:05:40

第066回 AI・自動運転車の開発に伴う諸問題part2

3/28/2018
More
皆様、こんにちは。 前回第065回に続き、今回も、AI(Artificial Intelligence)に関連して、自動車の自動運転についてお話しします。 今回の放送では、現状、自動車の自動運転を開発するに際して課題とさ...

Duration:00:49:03

第065回 AI・自動運転車の開発に伴う諸問題part1

2/28/2018
More
皆様、こんにちは。 今回は、AI(Artificial Intelligence)に関連して、自動車の自動運転についてお話しします。 現在、世界中の各自動車メーカーは、自動運転車の開発に力を入れていますので、今後、自動車...

Duration:00:40:41

第064回 時代劇における裁きの問題点withさくら剛先生part2

1/30/2018
More
皆様、こんにちは。 今回の放送は、前回に引き続き、ゲストとして、さくら剛先生に参加いただき、時代劇における裁きの問題点について話をしています。 今回の放送では、法的知識が必要となるような話はあまりしていません。また、ヨシ...

Duration:01:05:35

第063回 時代劇における裁きの問題点withさくら剛先生part1

12/30/2017
More
皆様、こんにちは。 本年も、弁護士放送をお聴きいただきありがとうございます。 本年は、月に1回音声配信することを目標としていましたが、やや達成できませんでした。 来年こそは、と考えております。 2017年一発目の...

Duration:01:05:34

第062回 精密司法、冤罪事件

10/31/2017
More
皆様、こんにちは。 精密司法という言葉をきいたことは、ありますでしょうか。 日本の刑事裁判では、有罪率が極めて高いといわれています。すなわち、起訴されてしまうと、裁判所より無罪判決が下されることは稀だということです。ただ...

Duration:00:59:25

第061回 性犯罪の厳罰化、「みだらな性行為」とは?

9/30/2017
More
皆様、こんにちは。 弁護士放送の中でも、以前に少しお話をしたことがあるのですが、平成29年6月23日に、性犯罪の厳罰化を内容とする改正刑法が公布されました。 刑事裁判で取り上げること自体が被害者にとって大きな負担になるこ...

Duration:01:07:11

第060回 弁護士の営業

8/28/2017
More
皆様、こんにちは。 今回は、「SK大使@家には寝に帰るだけ2号」様からのご質問で、弁護士の営業について話しをしています。 とはいえ、営業活動は、人ぞれぞれだと思いますので、正直なところ、一般的に弁護士がどのように営業して...

Duration:00:34:44

第059回 不倫のリスクと、痴漢冤罪の対処法、痴漢にあった時の対処法

7/26/2017
More
皆様、こんにちは。 最近というか少し前からですが、芸能人の方の不倫がワイドショー等で大々的に報道され、厳しい社会的非難を受けるという事件が多数発生しています。 また、痴漢を疑われた方が、鉄道駅より逃走したというニュー...

Duration:01:03:47

第058回 地方自治における二元代表制、都政について

6/14/2017
More
皆様、こんにちは。 今回は、導入で話をしようと思っていたことが長くなってしまったため、導入部分のみで1回分の放送として配信することになりました。 実は、ヨシカワは、昔から、新聞・ニュースを見ることがあまり好きではありません。というより、幼少期より、本というか活字を読むことが嫌いであった上に、限られた時間の中で、新聞やニュースにて世の中で起きていることを把握することは優先順位として高くないと感じてしまうからです。 ただ、弁護士放送の配信を継続していくためにも、ある程度時事問題を把握していることがよいのではないかと感じ、新聞を読んでいる次第です。 なお、今でも、新聞を毎日読まなくても、必要最小限の情報は自然と入ってきて、後は、場合に応じて必要な情報を検索・取得すればよいという考えですが、これからも頑張って、時事問題を把握するように致します。 というわけで、今回は、何かと話題の小池都政について言及しつつ、地方行政、豊洲問題とクレーム対応の類似性について話していますので、是非、お聴きください。 bengoshihoso058l.mp3

Duration:00:46:26

第057回 日本と米国の民事訴訟の違い

5/22/2017
More
皆様、こんにちは。 今年は、毎月配信を目標としていましたが、3月、4月と配信をすることができませんでした。 大変申し訳ございません。 5月より、気を引き締めて、頑張っていきたいと思います。 さて、今回の放送は、なんというか、雑談が多いです。 番組冒頭では、主にウルトラマンの話をしています。 ヨシカワは、子供の頃にはウルトラマンシリーズをみていなかったのですが、この歳になり、初めてウルトラマンシリーズをみるようになりました。 最近のウルトラマンは、とても派手で面白いのですが、ウルトラマン、ウルトラセブン等の初期のウルトラマンの方が、趣があり魅せられてしまいます。昭和生まれだからでしょうか。 また、先日は、出張の際に、東京駅でウルトラマンショップを見かけました。初期のウルトラマンや怪獣のフィギュアは、今も普通に販売されているのですね。フィギュアを真剣に選んでいる方は、大人の方が多かったですが。 なお、今回の放送の本論は、日本と米国の民事訴訟の違いについてです。 bengoshihoso057l.mp3

Duration:00:53:17

第056回 憲法談義withさくら剛先生part2(憲法改正・憲法解釈)

2/24/2017
More
皆様、こんにちは。 前回に引き続き、さくら剛先生にゲストとしてご参加いただき、憲法についての話をしています。 少し前のことですが、集団的自衛権を使えるようにするため、憲法解釈の変更を政府が決定したことが話題になっていました。皆様の中には、「憲法って解釈次第で内容が変わってしまうの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかと思います。 また、最近でも、憲法改正については、議論になっています。特に、憲法第9条については、現状の自衛隊の存在や集団的自衛権を行使できるとの解釈とは整合せず、改正すべきではないかとの指摘もなされています。 そのため、今回の放送では、主に憲法改正及び憲法の解釈に関し話していますので、是非、お聴きください。 今回の放送でも、さくら剛先生からの鋭いご指摘が炸裂していますので、ご期待ください! bengoshihoso056l.mp3

Duration:01:17:24

第055回 憲法談義withさくら剛先生part1

1/8/2017
More
新年あけましておめでとうございます 2017年一発目の弁護士放送を配信致します。 そして、今回の放送では、ゲストとして、さくら剛先生に参加いただき、憲法についての話をしています。 さくら剛先生といえば、現在まで多数の著名な作品を生み出している一流の作家さんですが、6流作家を自称される等、つつましやかな方でもございます。また、ヤマモトさんが関与されている超人気インターネットラジオ「さくら通信」のパーソナリティでもあります。まだ、さくら剛ワールドに触れたことがない方が万が一いらっしゃいましたら、是非、さくら剛ワールドを体験してみてください。 今回の放送では、憲法を題材として取り上げているため、多少小難しい話も含まれていますが、頑張って最後までお聴きいただけますと幸いです。 bengoshihoso055l.mp3

Duration:01:08:05

第054回 故意について

12/2/2016
More
皆様、こんにちは。 今回は、刑法における「故意」を巡る論点についてお話させていただきました。 正直なところ、ヨシカワは、刑事事件をあまり扱っていない上に、弁護士実務の中で「故意」に関する刑法上の論点が問題となることもあまりないため、司法試験受験生のころに勉強した内容を正確に憶えているわけではありません。 今回の放送では、教科書をさらっと読んで記憶喚起の上で収録に臨みましたが、誤りが含まれている可能性があるため、司法試験受験生等の正確な知識を把握する必要がある方は、この放送を鵜呑みにせず、自分で調べてね。 bengoshihoso054l.mp3

Duration:00:59:32

第053回 財産開示手続及び強姦罪について

11/13/2016
More
皆様、こんにちは。 今回は、財産開示手続と強姦罪について話しました。 全く関連性のない話題で恐縮ですが、多様な情報を提供させていただくという趣旨で、気にせず配信させていただきますので、どうかお聴き下さい。 さて、貸したお金を返してもらえないときや、所有する収益マンションの賃借人が賃料の不払いを続けているというような場合、裁判所に訴訟を提起することができるということは皆様もご承知のことと思います。 では、訴訟で勝訴してもお金を返してもらえないような場合、どうすればよいのでしょうか。この場合、勝訴判決を債務名義として、民事執行法に基づき強制執行を行うことになります。 例えば、お金を返してくれない方が銀行に預金を有している場合、強制執行によりこの預金を差し押さえることができるのです。 ただ、強制執行の対象となる財産は、勝訴をした債権者側で特定する必要があります。 もっとも、従前より、債務者が財産隠しをしてしまうと、債権者側で債務者の財産を把握することが困難となることが問題とされていました。 現状の民事執行法において、債務者の財産の開示を求めるための財産開示手続が規定され...

Duration:01:05:06

第052回 タワーマンション節税及び民泊について

10/30/2016
More
皆様、こんにちは。 今年も、残すところ、あとわずかですね。 弁護士放送では、今回を含めてあと3回音声配信しようと思います。 さて、前回に引き続き向井通浩さんにゲストとして出演いただきました。 今回は、タワーマンション関連について放送予定でしたが、向井さんがゲストということもあり、前回に引き続き民泊の話をしています。 bengoshihoso052l.mp3

第051回 民泊に関連する諸問題について

8/31/2016
More
今回は、以前にも弁護士放送に参加いただいた向井通浩さんにゲストとして出演いただきました。 番組冒頭では、向井さん及びヨシカワの健康問題について話しをしています。年をとると、飲み会を開催しても、だんだんと健康問題の話題が増えるときいたことがありますが、いよいよ弁護士放送でも病気や健康の話題が出てくるようになってしまいました。 さて、向井さんといえば、やはり、民泊について精通していることで有名ですので、今回の放送の本題として、最近流行りの「民泊」について話しをしています。 是非、お聴きくださいませ!!! bengoshihoso051l.mp3

Duration:01:02:45

第050回 政治家と金/変質者に間違われないための対応(名誉権・肖像権の侵害)

7/30/2016
More
皆様、こんにちは。 夏真っ盛りですが、弁護士放送は、がんばって音声配信します。 いよいよ50回目の配信です。100回目配信を目指してがんばります(多分)。 東京では、7月31日が東京都知事選挙です。 猪瀬さん、舛添さんともに、金を巡る問題で中途半端な状態で辞任することになってしまいましたので、今度は、長く続けていただける方に都知事になって欲しいものです。 ところで、政治家の方は、政治資金等の金を巡る問題について、どのような規制を受けているのでしょうか。今回の放送では、舛添さんの事例を前提にお話をしていますので、興味野ある方はお聴き下さいね。 bengoshihoso050l.mp3

Duration:00:56:54

第049回 決闘裁判/女性器3Dデータの提供

6/25/2016
More
皆様、こんにちは。 以前に、「第035回 3Dプリンターによる拳銃及び性器の模型製造について」において、女性器3Dデータを送付したとしてわいせつ電磁的記録頒布罪の疑いで「ろくでなし子」さんが逮捕された事件を取り上げました。 そして、平成28年5月9日、東京地方裁判所は、「ろくでなし子」さんによる女性器3Dデータの提供については有罪とは認めましたが、女性器をかたどった立体作品を並べたことに関するわいせつ物陳列罪については無罪とする判決を言い渡しました。女性器3Dデータについては、「女性器を立体的で忠実に再現しており、いたずらに性欲を刺激する」と判断されたわけです。 「ろくでなし子」さん側は、控訴をしたようですので、控訴審ではどうなるかわかりませんが、今回の放送では、東京地方裁判所の第一審判決の内容を紹介する雑談をしていますので、宜しければお聴き下さい。 なお、番組冒頭では、最近、ヨシカワがよく見ている海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」についての話しをしていますよ。 bengoshihoso049l.mp3

Duration:00:53:30

第048回 賭博罪が処罰される理由/フランク三浦事件判決

5/31/2016
More
皆様、こんにちは。 今月も、頑張って弁護士放送を配信させていただきます。 今回は、ひと足遅いですが、時事ネタを取り上げています。 前半では、賭博に関与したことを理由に、バドミントン選手が、無期限の出場停止等の処分を受けた事件を取り上げています。ただ、海外に行けば、合法的にカジノで賭博を行うことが可能であるにもかかわらず、何故、このような処分を受けることになったか、そもそも、日本では、何故、賭博が刑事罰の対象となっているのかについて、疑問をお持ちの方も多いかと存じます。 そこで、賭博罪についてヤマモトさんとお話しましたので、興味のある方は、お聴き下さい。 また、番組後半では、スイスの高級時計メーカーであるフランク・ミュラーが有する商標との類似等を理由に、「フランク三浦」との商標が無効であるとした特許庁の判断を取り消すよう求めた訴訟の判決をご説明しています。商標権については、以前に、北海道のお菓子である「白い恋人」とパロディー商品の「面白い恋人」との類似が問題となった事件を取り上げましたが、このフランク三浦事件での判決でも同様にパロディー商品の商標類似が問題となっています。...

Duration:01:04:31